« 小淵沢町上笹尾の暇人(ひまんちゅ)・その2 | トップページ | 武川眞原の暇人(ひまんちゅ)・その1 »

2011年4月29日 (金)

明野町上手の暇人(ひまんちゅ)

里山便り・暇人(ひまんちゅ)Vol.7

都会の喧騒を離れ自然の静けさに耳を傾け、
また別の危険や不自由さをも愉しみ
里山暮らし、森の生活を謳歌しています。

退屈な時間ではなく、自由になる時間暇な時間を作り出す事がとても
上手な方達ですので、暇人(ひまんちゅ)と呼ばせていただきました。

暇人(ひまんちゅ)第七回目は、
明野町上手で「くつろぎ」空間を大切にしている

泥人(でえにん)様です。

Dsc04784

Dsc04791

泥人(でえにん)様より

明野暮らしのこと

「渋滞を避けて、山の中腹を走ろう! 」 そう思い、坂を登りきると、
茅ヶ岳の裾野に広がる高原・・・ これが明野との出会いでした。

Kaikoma1219

車窓からみえるアルプスは、恐ろしく大きい。
足元から頭上に至るまでの視界を占める巨峰、
これほどまで雄大な景色を車窓として眺めるのは、初めてのことでした。

当然のことながら、この地が好きになりました。
すぐに、妻とともに再訪しました。
そのとき、ワイナリーやレストラン、ケーキ屋さんなど、
魅力的なお店が点在していることがわかり、いつか、ここに住みたい・・・
そう思いました。四年ほど前のことです。

33

そして、いくつかの偶然が重なって、神様から背中を押されるようにして、
この地にセカンドハウスを建てるための土地と出会いました。


しかし、神様の後押しに、戸惑いを感じたのは事実で、
資金上の課題を解決する必要がありました。

Dsc03053

ぼくたちは、いま住んでいる家のローンを払っています。
さらにセカンドーローンを抱えるなんて無謀だ・・・、
でも、いつかここに住みたい・・・といった気持ちを否定することが
出来ませんでした。

ぼくたちの計画は、本当に無謀なのか否か、
その回答は、フラット35の借り入れ審査に計ることとしました。
審査はOKがでました。ぼくたちの計画は、決して無謀ないことが確信できたのです。

34akeno2

家づくりは、「ハレ」と「ナレ」を意識しました。
「ナレ : 慣れ」とは日常を意味し、一階を「慣れの場」としました。

一方の「ハレ :晴れ」とは正月や節句など華やかな時間を指します。
「ハレ」を非日常的な「くつろぎ」と勝手に解釈し、二階を「晴れの場」としました。

Dsc04788

Dsc04790

非日常的な「くつろぎ」とは、昼寝をしたり、コーヒーを飲んだり、
本を読んだり・・・そういった「くつろぎ」の行為をアルプスの景色とともにありたい・・・
そんな夢がこもっています。

Dsc04793

Dsc04799

明野からのアルプスは南西の方角だから、朝日の光を反射して輝きます。
特にきれいなのは、日の出から10分以内の短い時間。
このわずかな時は、太陽が赤いので、雪のアルプスがピンクを染めます。

Dsc04797

Dsc04807

今年の元旦は、二階の「晴れの場」にて、このわずかな時間を、
コーヒーを片手に満喫してしまいました。至福、至福 !

今、気になっているのは、春分・秋分の日没の方向・・・きっと、
甲斐駒ケ岳の山頂に太陽が沈むのだろう、と思っています。

Dsc04794

今年は、大地震によるガソリン不足のおかげで確認は
「おあずけ」となってしまいました。ん~ 残念。

Akeno2131

南アルプスだけでなく八ヶ岳も朝な夕なで染まります。

日の出1時間前と日の入り1時間後は
ともに同じような光景で目に映ります。

明野の空を月が渡り、アルプスに入って間もなく始まる夜明けの宴、
被った大地の雪が刻々色を変え、ここに佇み浴びる陽光も幻想的です。

Dsc03979

Dsc02361

引渡しをしてからちょうど一年。

これから ここから いろんな「つかの間」を味わって下さい。

Dsc02318

Yuhi_2

そしてこの前話していた次回作、楽しみにしています。
ゆったりまったり この明野の地で息抜きを。

有難うございました。

Dsc04663

「修羅へ」

著者プロフィール

泥人(でえにん)
1963年生まれ。
芝浦工業大学卒業後、化学系メーカーに就職。
開発をはじめ「ものづくり」にたずさわり・・・自由な創造に目覚め、本作品を著す。

« 小淵沢町上笹尾の暇人(ひまんちゅ)・その2 | トップページ | 武川眞原の暇人(ひまんちゅ)・その1 »

里山便り・暇人(ひまんちゅ)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1443890/39734860

この記事へのトラックバック一覧です: 明野町上手の暇人(ひまんちゅ):

« 小淵沢町上笹尾の暇人(ひまんちゅ)・その2 | トップページ | 武川眞原の暇人(ひまんちゅ)・その1 »

最近の写真