« 武川眞原の暇人(ひまんちゅ)・その1 | トップページ

2011年7月15日 (金)

白州町尾白の暇人(ひまんちゅ)

里山便り・暇人(ひまんちゅ) Vol.9

都会の喧騒を離れ自然の静けさに耳を傾け、
また別の危険や不自由さをも愉しみ
里山暮らし、森の生活を謳歌しています。

退屈な時間ではなく、自由になる時間暇な時間を作り出す事が
とても上手な方達ですので、暇人(ひまんちゅ)と呼ばせていただきました。

暇人(ひまんちゅ)第九回目は、
白州町尾白の里、気ままな自然人

石井様です。

Img_0492_2

石井様より

私は川崎生まれ、
今まで生きた大半は工場地帯の外郭を取り巻く住宅地で過ごしてきました。

夏になっても蝉の鳴き声もしない、季節の移り変わりは気温の差だけで、
大自然のいとなみとはまったく無縁な生活環境でした。

子供の頃からお盆や正月に故郷に帰省する友達をうらやましく思い、
「田舎がほしい」の潜在的願望がありました。

Img_0443_3

そしてその願望は16年前に立ち寄った白州の大蔵建築事務所で、
隣地の尾白川沿いの敷地をお世話して頂き、

ようやく遅ればせながら50歳を過ぎて
人並みに田舎を持つに至りました。

Img_0496_2

山荘を建ててからこのこの16年間は、月に川崎と2~3回の往復ですが、

甲斐駒ヶ岳山麓の四季折々の大自然の演出に魅了され、癒され、
元気を蓄積した年月でした。

Img_0500_2

私は特に山荘の下に流れる名水尾白川に生息する
カジカ蛙が奏でる美しい鳴き声、川面を飛び交う螢の灯り、

国蝶オオムラサキが樹液をめぐりカブト虫などと集う…、

などなどが大変気に入っています。

Img_0491_4

現在は上の孫は小学1年生、下は3歳になり年間幾度となく訪れ、
川遊び、スキーの基地、山菜採り、キノコ採りと
自然の中でのびのび過ごしており、

我が家の主人公も孫たちに移行しつつあります。          

                                                                                                   石井 太清

Img_0445_2

Img_0493_2

私たちの白州事務所隣接地に建つ石井山荘

お二人とは長いお付き合いになりますね。
一緒に甲斐駒ケ岳も登りましたね。

あれから月日が経つのは早いもので、
もう おじいちゃん? おばあちゃん? ですか。

世代を超えて皆様で白州を謳歌しているご様子、嬉しく思います。

Img_0495

ここ尾白川の白州天然水は如何ですか?

甲斐駒ケ岳を源とする名水「尾白川」
その湧き水を汲み上げた「白州の天然水」

南アルプス天然水そのままに、石井様と共同で飲用しています。

Img_0497

私たちのお客様にとても好評で、
ポリタンクやペットボトル持参で弊社事務所にやってきます。

この名水流れる自然豊かな白州で
これからも、元気で気ままな自由人でいて下さい。

Img_0444

この夏、白州事務所駐車場にて
夏まつりを7月23日(土)~8月9日(火)迄(水曜日を除く)開催します。

焼きそば 綿菓子 ヨーヨー 川上村のレタス など等

もうすぐ夏休み、今年は暑い夏となりそうです。
白州の里で 川べりで 一緒に涼みませんか。

Dsc07602

皆様で是非どうぞ。

ありがとう御座いました。

« 武川眞原の暇人(ひまんちゅ)・その1 | トップページ

里山便り・暇人(ひまんちゅ)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1443890/40821683

この記事へのトラックバック一覧です: 白州町尾白の暇人(ひまんちゅ):

« 武川眞原の暇人(ひまんちゅ)・その1 | トップページ

最近の写真